ブログ

欠陥住宅を買わないための、消費者が自らチェックできる方法

欠陥住宅を買わないための、
消費者が自らチェックできる方法について、
メディア関係の方から訪ねられました。
その答えをまとめると、
一つ目は、「まず、仕上げをチェックする」
細かく見るのが面倒なら、大工さんの腕の良し悪しが
分かりやすい、玄関、階段をチェックすると良い。
見えるところの仕事が雑であれば、隠れている構造などは
もっと雑に施工されている可能性が高い。
できれば、床下、屋根裏、ユニットバス天井裏も
のぞいてみると良い。
断熱材の施工や釘打ちが雑であったり、
全体に汚い印象があれば、
手抜きや欠陥がある確率が高い。
断熱材落下
(床下断熱材の落下)
仕上げをチェックし、不安を感じたら
購入をあきらめるか、契約前にプロの検査を入れる
ことをおすすめします。
注文住宅や、すでに契約してしまっている場合は、
保証※のあるうちに詳細な検査をし、
業者に修理を求めましょう。
※保証期間を勘違いしている方が多いです。
10年保証は構造、雨漏りに限られます。
1,2年で切れる保証がほとんどです。
契約書や保証書をよく確認してみてください。
少し長くなりましたので、続きは次回・・・

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る