ブログ

事例650『屋根の雨漏り』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今回で欠陥写真が700番になりました。
1000を目標に始め、ここまで約8年。
あと300なので、このままのペースで約3年、
毎日掲載すれば1年で終わるところまできました。
最近もいろいろとひどい施工を撮影しています。
順番に紹介していきます。
■(1)今回の事例________
「屋根の雨漏り」
_________________
 
雨漏り
 
◆写真解説
屋根からの雨漏り。
屋根合板を留める釘から内部へしみている。
漏れ出したのは最近で、腐朽はない。
◆内容説明
屋根の防水紙の下に雨がまわり
釘穴からしみ出している。
この程度の雨漏りなら、普通に生活していれば
気づかない。
そのまま長期間放置すれば
カビや木の腐朽が進む。
修理に立ち会っていないので
詳細は不明です。
◆対策
定期点検で屋根裏のチェックを依頼する。
=====================
■(2)編集後記
紛争処理に追われ余裕がないです。
最近は数社、悪徳業者も相手にしています。
欠陥検査をきっかけに、相手業者は
かなりの出費を要することになり
倒産、廃業をする業者も出てきます。
そんな事もあり、
相手業者から恨まれないかと、よく質問されます。
最近は、遠くから吠えている業者がいるくらいで
直接の脅しがなくなりました。
もし脅されたら、事実をブログに書くだけです。
私は業者を潰すことが目的で、
この仕事をしているわけではありません。
業者向けの雑誌に資料提供したり、
来週も建築士向けの勉強会に呼ばれるなど
ミスを防ぐための活動をしています。
勉強する業者ほど、私と関わることはないでしょう。
勉強している業者としていない業者、
消費者が見分ける方法があればよいと思います。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影