ブログ

事例651『モルタルの厚み不足』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今日は祝日でしたが、
朝から夕方まで計4件の現場に行きました。
現場ばかり出ているので
書類がたまっています。
■(1)今回の事例_________
「モルタルの厚み不足」
_________________
 
モルタル
 
◆写真解説
外壁モルタルが薄い。
下地材の上に8mm塗るところ、2.64mmしか塗られていない。
建物完成後、外壁が落ちて手抜きが発覚。
◆内容説明
外壁のモルタル。
仕上げてしまえば、厚さは分からない。
このところ内外壁ともに、塗り厚が不足している家が多い。
左官屋さんは、2,3回塗り重ねるところ
1回で上手く仕上がってしまい。
これで完成と勝手に判断することもあるようです。
材料、手間の手抜きのつけは、
剥離、ひび割れなどの症状があとあと出てきます。
◆対策
工事中にチェックするしかありません。
==================
■(2)編集後記
紛争中の現場で私が動けば費用がかかります。
そのため、こちらから業務を押し売りすることは
ありませんでした。
そんな方針を貫いていたら、先日
「長井さんは逃げている?」と言われてしまいました。
こちらはなるべくお金を使わせないように
気を使っていたことが誤解を招いたようです。
裁判はお金がかかります。
今後、裁判を覚悟したお客さんには
かかる費用をきちんと説明し、
できれば着手金を取るようにして、
積極的に関わるように変えていこうと思います。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影