ブログ

事例652『基礎の穴』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
名古屋も雪が積もっています。
今日は一宮、岐阜方面へ向かいます。
早めに出かける予定です。
■(1)今回の事例________
「基礎の穴」
________________
 
基礎の穴
◆写真解説
基礎の大きな穴。コンクリート打設時にできたもので
詳細な原因は不明。
埋め戻される前に発見。
◆内容説明
あとから異物を取り除いたあとはなく、
コンクリート打設時に空洞ができてしまったようです。
その他、基礎の高さの間違いなどもあり
全般的に雑な施工でした。
内部など、見えない部分でも空洞があるかもしれません。
◆対策
大手ハウスメーカー以外、コンクリートの打設方法は
職人にお任せ。早く終わりたい場合は、
手抜きをされる恐れがあります。
事前にどのような指示を出しているか
監理者または、現場監督に確認をする。
====================
■(2)編集後記
昨日やっと、パソコンを入れ替えました。
検査データはバックアップを取っていますが、
直近1年くらいはパソコンへ入れます。
1年分でも検査写真が膨大にあるため
ファイルの移動だけでもかなりの時間を要します。
あと、ソフトや周辺の接続機器が古くなると
使えないものも出てきて、新たに購入しないといけません。
これが2年ごとですから非常に面倒です。
それでも、新しいパソコンは動きもよく使いやすいです。
ただ、オフィス2013に慣れるには少し時間がかかりそうです。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る