ブログ

事例666『あとあけ人通口』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今日は瑕疵検査のあと、業者が立ち合い
やや言い争いになりました。
このような場では、相手の挑発には乗らないですし、
無駄な反論もしません。
依頼者には、消極的に映ると思いますが、
意図的にやっています。
過去、裁判の証人尋問で、相手弁護士に誘導され
思い付きで発言をし、揚げ足を取られました。
相手の言う事にいちいち即答していると、
余計なことを言ってしまい、相手が有利になることがあります。
■(1)今回の事例________
「あとあけ人通口」
________________
 
人通口
 
◆写真解説
人通口をあけ忘れ、コンクリートを破壊して新設。
鉄筋断面は、露出したままで錆びている。
あとあけなので、当然開口補強の鉄筋もない。
◆内容説明
東京のマンションでスリーブを入れ忘れ
建て替えになった事例と同様、
コンクリートを打ってから穴をあけた。
検査で指摘を受けなければ
そのまま放置されたでしょう。
◆対策
基礎伏図の間違いは多いです。
工事に開始前に図面をチェックする。
====================
■(2)編集後記
これから裁判が始まる物件。
証拠確保のため、関係業者に聞き取りをしていたら
意外と皆、こちらに協力的。
中には「あそこの会社(元請け)は潰れたほうがいい。
お客さんがかわいそう」という意見もありました。
こういう会社に限って、口がうまく営業が上手。
くれぐれも引っかからないように気を付けてください。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影