ブログ

争いごと急増

午前中は裁判の意見書を作成しています。
最近、比較的小さなトラブルでも裁判になっているケースがあります。
今書いている意見書も、重大な欠陥ではなく、請求金額も少額です。
話し合いで解決できそうな事案で、
裁判になっている理由を推測すると
・企業側の役員などが原因を把握していない。
 担当者が上司に悪いことを報告せず、客が嘘を言っていると
 思われているケース。
・企業側が客に対し悪意を抱き、一歩も譲らない。
 工事中などに信頼関係が崩れ、喧嘩状態。
裁判で決着を付けようと思っても、
このようなケースでは、すっきりした結果にならない
可能性が高いです。
弁護士が増えていることも影響し、
些細なことでの裁判が増えていくと思います。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2021/09/24
高さ制限を無視
2021/09/22
雨漏りか結露か
2021/09/17
事例1232 「柱の割れ」
2021/09/15
検査の出戻り
2021/09/12
新築検査の必要性

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影