ブログ

事例685『コンクリートの爆裂』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
名古屋から約500KM先の現場へ行ってきました。
今は帰りの新幹線の中。
往復で1000KM。日帰りです。
12時に名古屋駅を出発。
21時に名古屋へ戻れます。
かなり遠くても日帰り対応できます。
■(1)今回の事例_________
「コンクリートの爆裂」
_________________
 
爆裂
 
◆写真解説
基礎の爆裂。
鉄筋が錆びて膨張し、コンクリートが割れた。
木造住宅の基礎。
◆内容説明
築20年ほどの現場。
ひび割れ及び、かぶり不足から
内部の鉄筋が早期に錆びたことが原因。
これらの要因が無ければ
築20年で爆裂はしない。
◆対策
かぶりを十分取る。
布基礎の人通口、換気孔の角は
ひびが入りやすいため、
ひび割れ防止筋を入れる。
========================
■(2)編集後記
横浜のマンション沈下のニュースを見ました。
職人は分かっていたのか、
施工管理のミスがあったのか
詳細は分かりません。
現在、職人不足で、未熟な職人にでも
任せてしまうという状況です。
このマンションが建てられた当時より
いろんなミスが起きている可能性が高いです。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影