ブログ

事例688『筋違補強の不備』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今日は誕生日で、たくさんのメッセージを頂きました。
ありがとうございます。
検査業務を始め10数年。この先を考え、
改善していく1年になりそうです。
■(1)今回の事例_________
「筋違補強の不備」
_________________
 
筋違切欠き
◆写真解説
90mm角の筋違のたすき掛け。
欠込み部に金物補強がなく、設計耐力が確保できない。
◆内容説明
90mm角の筋違を、たすき掛けにする場合、
通常、切欠きをしない限り収まらない。
(柱は105mm、120mmが一般的です)
「施行令第45条4 筋かいには、欠込みをしてはならない。
ただし、筋かいをたすき掛けにするためにやむを得ない
場合において、必要な補強を行なつたときは、この限りでない」
法律にも明記されているように、
中央部の切欠き部に金物補強が必要です。
金物補強をしないと、切欠き部で破壊しやすい。
◆対策
たまたま、露出していて発覚した例です。
隠れる前にチェックをする。
======================
■(2)編集後記
大成建設の社員が下請け業者に架空発注をし、
自分の経営する会社に還流させていた
というニュースが昨日ありました。
建築業界でこのような話は珍しくありません。
ただ最近は大手ほど、お金の扱いが厳しく、
1円たりとも不正な発注ができないようになっています。
そのため、現場でミスが起こり、
弊社に業者から振り込みがある場合は、手続きが
かなり難しいようです。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影