ブログ

事例698『天井断熱材の乱れ』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今日の名古屋の最高気温は37度の予想。
午前中、遮熱シートを張った屋根の上に居たら
直射と反射のダブルで熱を受けるため
露出してる腕などが焼けそうに熱かったです。
■(1)今回の事例_________
「天井断熱材の乱れ」
_________________
 
断熱材
 
◆写真解説
天井断熱材がぐちゃぐちゃに敷かれている。
本来、湿気を遮断するため白い面を室内側へ向け、
隙間なく並べないといけない。
◆内容説明
1度はきちんと敷き並べ、あとから誰かが作業する際に
ぐちゃぐちゃにしたまま放置した。
解説にも書きましたが、袋に入ったグラスウールは
表裏があります。
また、きれいに敷き並べないと、厚さもバラバラ
隙間だらけになります。
見る人が見れば分かりますが、
大手ハウスメーカーの現場。
天井裏など見えない箇所は手抜きされやすい。
◆対策
1度は屋根裏を点検する。
=====================
■(2)編集後記
エコキュートのリコールのニュースが出ています。
↓↓
 パナソニックは2003年11月~13年1月に製造した
 家庭用給湯器「エコキュート」計103万台をリコール
 (無償修理・部品交換)する。同社はエコキュートの
 トップメーカーで、国内の約4分の1が対象となる。
 最初の事故は、13年1月に兵庫県の住宅で起き、
 これまでに14件あった。このうち、5件は圧縮機の破裂で
 近くにあったものが壊れたが、けがをした人はおらず、
 火事もなかったという。パナソニックによると、
 原因は金属でできた圧縮機の腐食。機器の底板に塩分を
 含んだ水がたまると、圧縮機を覆う防音材が吸い上げ、
 腐食が進んだとみられるという。
 
エコキュートの空気の圧縮は相当な力だと思います。
大きな事故でなくてよかったです。
2003年というと、エコキュートが普及し始めたころ、
他社は大丈夫でしょうか。
ちなみに我が家のエコキュートはダイキンです。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影