ブログ

事例703『火災警報器の位置』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
夏休みは明後日から。明日までは予定が一杯です。
その代り後ろにずらして休みを取ります。
19日まで事務所は休みです。
■(1)今回の事例_________
「火災警報器の位置」
_________________
 
火災警報器
 
◆写真解説
未だによく指摘する項目。
住宅用火災警報器の取り付け位置が悪い(壁に近い)。
誤作動を防ぐため正しい位置に付けることが必要。
◆内容説明
火災警報器の取り付け位置は、メーカーによってばらばらではなく、
総務省令第138号、消防安第220号などで決まっています。
基準は、壁からは60CM以上離さないといけません。
2階廊下に設置する場合、廊下幅が80CM位なので、
天井に付けると60CM離すことは不可能。
そのような場合は壁付けにして
天井から15CMから50CM離せばOKです。
また、エアコンや換気口などがある場合は
そこから1,5M以上離さないといけません。
◆対策
完成してから指摘し移動すると、仕上げに傷が残る。
取り付ける電気屋さんに基準を覚えさせる。
=======================
■(2)編集後記
書類を送るのに郵便局とヤマト運輸を使っています。
昔はヤマト運輸を使う比率が多かったですが、
最近は郵便局を使うことが多くなりました。
理由は、事務所に集荷に来る人が無愛想。
その他、郵便局は確実に届けてくれる。
新築などで、住み始めて間もないと
ヤマトでは届かない確率が高いです。
またヤマトは、少し住所を書き間違えただけで
届けない人もいます。
(電話番号が書いてあっても電話しない)
その点郵便局は、住所に疑問があっても
自分から調べて確実に届けてくれます。
事務所まで取りに来てくれるヤマトは便利ですが
できるだけ郵便局を利用しようと思います。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影