ブログ

事例706『ひび割れからの錆び汁』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今日はかなり涼しいです。
例年、名古屋は35度超えが何日も続きますが、
今年は数えるほどしかなかったです。
雨も多く、太陽光の発電量なども
かなり影響を受けたのではないでしょうか。
■(1)今回の事例__________
「ひび割れからの錆び汁」
__________________
 
ひび錆び汁
◆写真解説
基礎のひび割れから錆び汁が出ている。
ひび割れから水が入り、内部の鉄筋が錆びている。
放置すれば鉄筋が膨張し、コンクリートが割れる恐れがある。
◆内容説明
約10年ほど経過した住宅の基礎のひび割れ。
コンクリートの収縮でひび割れは起きることはある。
ひび割れを放置してよいかどうかは幅から判断する。
錆び汁が出ていれば、ひび割れ幅が小さくても
早急に修補しないといけません。
◆対策
床下などで発生していれば、発見できません。
定期的な点検が重要です。
======================
■(2)編集後記
瑕疵検査に行くと、建築士や業者のごまかしを
発見することがあります。
建築確認や銀行融資を通りやすくするための
書類上の改ざんなどです。
施主さんが理解し、利益になることでしたら
こちらは何も言いません。
建築士や業者の利益のためで、施主さんが説明を
受けていない場合は、意見します。
先日も行政に告発すれば建築士の処分が確実な
書類上のごまかしを発見しました。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影