ブログ

金物知識

今回は、業界の人向け。
木造住宅で梁などを緊結するために使われる
「羽子板ボルト」
ボルトの向きに決まりがあるのをご存知でしょうか。
私はどちらでもいいと思っていましたが、
ある現場で大工さんから質問を受け調べました。
金物メーカーの商社に問い合わせたところ
「向きにより強度が落ちるというわけではないですが
反対の施工は行わないで欲しいとのこと」
向きを決めて商品を使って造り、一定の向きで
強度を確認しているためでしょう。
↓ 羽子板側にナットは反対の施工
羽子板
場所によっては、反対に入れないと収まらない箇所もあります。
例えば、外周部でボルトが外へ飛び出してしまう箇所など。
そのような箇所は反対でも仕方がないと思います。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影