ブログ

事例723『筋違いの欠損』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
急に寒くなりました。
今年家を買った方は、断熱、省エネ性能が
うたい文句どおりか確かめる時期がきました。
高断熱をうたいながら、冬場、暖房を切ると
外気温と室温が同じという例も過去にありました。
■(1)今回の事例__________
「筋違いの欠損」
__________________
 
筋違金物
 
◆写真解説
筋違いを切り欠いてホールダウンを施工。
筋違い金物のビスも溝部に入っている。
この箇所で筋違いが破損しやすい。
◆内容説明
コンクリートに埋め込まれたホールダウンボルトの
位置が悪く、筋違いと干渉している。
ボルトの位置は動かないので、木製の筋違いを切り欠いた。
筋違いは構造材。強い圧縮、引張の力がかかる。
切欠きは建築基準法施行令で禁止されています。
◆対策
基礎伏せ図にボルトの埋め込み位置を記載。
コンクリート打設前に位置をチェックする。
======================
■(2)編集後記
ホームページを近く一新します。
ネット環境の変化で、ホームページ自体のプログラムが
古くなり、新しいものに変えます。
更新に際し、欠陥写真の更新を1,2回ストップします。
時期が確定しましたらお知らせします。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影