ブログ

中古住宅の耐震性

久しぶりに耐震診断を行いました。
昭和40年代に建てた家。その後2度ほど増築をしています。
使い勝手を優先した増築では、
壁、柱などを取ることで、耐震性が悪くなっているケースが多い。
また、新旧境目の緊結状態が、通常の診断では見えないため、
大地震で離れてしまうのか、実際に見ないと判断できません。
中古住宅の大半は、図面がない。
構造部分は壊さないと確認できないことが多く、
安全側に計算をしていくと、かなり悪い結果が出ます。
中古売買で住宅ローン減税などを受けようと思うと、
耐震性を上げないといけません。
診断結果が悪ければ、補強費用がかさむため、
売買時のネックになります。
耐震性以外にも、調べ出すといろいろ出ます。
今回確認した家も、2階の床の傾斜が歩くだけで分かりました。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2021/09/24
高さ制限を無視
2021/09/22
雨漏りか結露か
2021/09/17
事例1232 「柱の割れ」
2021/09/15
検査の出戻り
2021/09/12
新築検査の必要性

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影