ブログ

損は誰もが嫌う

「構造的には当初より弱くなりますが、
基準法をクリアしているので大丈夫です」
欠陥の補修工事内容の検討で、安易な補修案を提示した時に
よくある相手側からの発言。
特に普段お客と接することがない、下請けの建築士から聞くことが多い。
業者のミスで起きたこと。施主としては、性能が下がることを
簡単には了解できません。
先日読んだ本にこのようなことが書いてありました。

問題です。2000円の弁当を3秒で「安い!」と思わせなさい/小学館
¥1,365
Amazon.co.jp

プロスペクト理論
「人間は得をした喜びよりも、損をした悲しみの方が2倍強くの残る」
損をした悲しみのほうが感情的に強いので、
人は損をしないような決断を無意識にする。
補修が困難で、その部分では損をさせるが、
他でカバーし、結果的には相手が損をしない。
紛争の話し合いでも、この心理が分かれば解決が早いかもしれません。
住宅検査カノムの
スマートフォンサイト→こちら
 
PCサイト→こちら

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影