ブログ

事例555『換気扇ダクトの潰れ』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今日検査に行った現場4件中、2件は大工の仕事が雑でした。
大工不足の現状、腕の悪い大工も
工期を間に合わせるために、使わざる得ないのでしょう。
■(1)今回の事例_______
「換気扇ダクトの潰れ」
_______________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-ダクト潰れ
 
 
◆写真解説
24H換気のダクトがつぶれている。
写真で分かりにくいですが、90度に曲がる部分で、
横にある別のダクトにあたり、押しつぶされている。
空気の流れを阻害する。
◆内容説明
床下に設置されたダクト配管式の換気扇。
配管スペースが十分にないケースが多く、
限られたスペースに無理してダクトを通すことは珍しくない。
天井裏でも同様の事例を検査でよく見かけます。
◆対策
図面であらかじめ配管を計画する業者は少ない。
施工は、職人任せになるケースが多いため、
工事中にダクトの潰れチェックをすると良い。
===============
■(2)編集後記
午前中の現場で会った外壁屋さん。
普段、工程などの段取りをしている職人でない人が
外壁を張っていた。
現場が多すぎて、職人以外の社員まで
施工に借り出されているようです。
一部の職種では、職人が減っています。
外装工事も、外壁材が重たいなどの理由で、
なかなかやり手がいない。
介護や看護などと同様に、建築業界も、
外国人などを受け入れていかないと
今後ますます、職人不足は加速するでしょう。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影