ブログ

事例559『火打ち梁の欠落』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今日は予定が4件。
1件目のスタートが遅いので、終了は遅くなりそうです。
朝一番で、書類をひとつ片付け、
出かける前に書いています。
■(1)今回の事例________
「火打ち梁の欠落」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-火打ち梁
 
 
◆写真解説
是正後の写真。
小屋梁の隅角部に火打ち梁(矢印の先)の施工が無かった。
図面の見落としが原因。
◆内容説明
建物の耐力として、木造住宅では
壁の強さと量だけに注目することが多い。
壁だけ強くしてもダメで、水平面の剛性も重要です。
水平面でも特に隅角部は重要で、
建築基準法施行令第46条3に「床組及び小屋ばり組の
隅角には火打材を使用し・・」とある。
今回、図面には記載してありました。
たまたま大工さんが付け忘れたようです。
◆対策
火打ち梁は重要な部材。全数チェックを行う。
================
■(2)編集後記
東日本大震災から2年経過しました。
福島県での復興イベントの誘いを受けたこともありましたが、
仕事優先で現地へ一度も足を運ばずじまい。
自分自身が直接復興に関わることは何一つ出来ていません。
昨日ある方のブログに、寄付より観光で復興支援をしましょうと
書いてありました。
何かしなきゃいけないとなると、どこで何をするのか決めるのも大変。
観光なら気負い無く行けますね。
スケジュールの空きが2日、いや3日くらいあれば、即行動ですね。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影