ブログ

事例561『筋交いのカットミス』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今日はかなり暖かくなるようです。
午前、午後合計2件、
屋根裏、床下の検査があります。
午後の屋根裏は暑くなりそうです。
■(1)今回の事例________
「筋交いのカットミス」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-筋交い
 
 
◆写真解説
筋交いのカットミス。
短く切りすぎて、柱との間に隙間が出来た。
大きな圧縮の力に耐えられない。
◆内容説明
筋交いなどの材料は、現場に余分はなく、
短く切ってしまえば、追加で頼まないといけない。
追加オーダーすれば、大工さんは自腹を切るため、
失敗したものをそのまま、取り付けてしまうのでしょう。
端部は金物で固定されています。
しかし、このように隙間があれば、筋交い自体が動いてしまい、
金物が緩むなどして、耐力を弱めます。
◆対策
隙間があるべき箇所ではないため、
いちいち、法律、基準で何ミリまではOKなどと記載されていません。
常識的な判断で、全数検査を行う。
==================
■(2)編集後記
先日、これから新築住宅を契約する人の図面、見積書を
見させていただいた。
契約を予定している業者は忙しいようで、
一切の値引きはしないと言われたそうです。
今、確かに新築需要は増えています。
重要が増えれば、価格は上がる。当然のことです。
ただ、今は消費税の駆け込みなどで、
先食いしていることは確実であり、
エコカー減税、家電エコポイントのように
将来的には、かなり需要が落ち込むことが予想されます。
需要が落ち込めば、一部のレアな業者を除き、価格は下落します。
結局はいつ建てても、値段はそんなに変わらないでしょう。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影