ブログ

事例567『鉄筋切断』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今週は現場スケジュールにやや余裕があるため、
事務所でやらないといけない仕事をピックアップしてみました。
相当な量があり、どれから片付けるか順位を付け、
今週中に終わらせようと思います。
■(1)今回の事例________
「鉄筋切断」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-コア抜き
 
◆写真解説
コンクリートをあとから穴あけし、鉄筋まで切ってしまった。
(錆びている部分が鉄筋)
説明するまでもなくNGです。
◆内容説明
水道配管を通すための穴あけ。
今回抜いたコンクリート片がよく目に付くところに
放置されていたため発覚。通常は破棄するなどして隠すものです。
職人にとって鉄筋を切ることは、悪いことだと思っていないようです。
◆対策
鉄筋探査などで鉄筋の位置を確認し、あければよいが
通常、水道屋さんはそんな機械は持っていません。
コア抜き禁止をし、大手ハウスメーカーのように、配管の通る位置を
あらかじめ図面に記載しておく。
そうすれば、コンクリートを流し込む前にスリーブをセットでき、
あとからの穴あけは必要ありません。
====================
■(2)編集後記
このところの円安が注目されています。
建材も輸入ものが意外と多く、円安の影響は出てきています。
海外から直接個人で仕入れをしない限り、
現地での物の定価は分からない。
今後、需要増などの要因もプラスされ、
円安を理由に便乗値上げもあるでしょう。
住宅ローン金利と共に、為替の動きには注目しています。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影