ブログ

事例568『アンカーボルト ナット欠落』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今日は移動の多い1日でした。
朝、給油まで300KMもあるから、
今日はガソリンを入れないでいいと思っていたのに
帰りの高速道路で給油ランプが付いた。
満タンで700Km以上走るのに、
週2回は給油しています。
■(1)今回の事例_________
「アンカーボルト ナット欠落」
_________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-アンカーボルトナット欠落
 
◆写真解説
床下で発見。アンカーボルトのナット欠落。
座金まで施工して、ナットを施工し忘れた。
完成済みのため見える箇所は一部、
全体でいくつ欠落しているか調べることは不可能。
◆内容説明
完成済みの住宅検査、床下でナットの欠落を発見。
金物類は施工する数が多いので、
1,2ヶ所忘れても、大工さんが気づかないことは普通です。
ナットが無ければ、アンカーボルトの意味は無く、
基礎と木躯体の緊結ができない。
◆対策
床を組んでしまうと、アンカーボルトは見えなくなります。
土台施工時に検査を行うと、
隠れる前にナットの締まりを全数チェックできます。
==================
■(2)編集後記
今日検査に行った現場の大工さんがこんなことを言ってました。
「応援でいろんな現場へ行くけど、ひどい現場が多い。
応援だから黙って施工するしかなく、施主さんが気の毒になる。
やっぱりある程度、名の通った会社が安心だ」
これは私も同感です。
例外はありますが、基準などをきちんと徹底しているのは
大手など棟数を多くこなしている会社。
欠陥があとで発覚し、裁判まで発展するのも、
年数棟しか施工しない会社が多い。
小さな工務店でもまじめな会社はたくさんあります。
一部の悪徳業者が小さな工務店のイメージを下げています。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影