ブログ

事例571『サッシからの雨漏り』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
昨日は現場検査4件+雑誌記事の打ち合わせなどで
ブログを更新できないくらい、夜は時間がありませんでした。
今日も検査3件など、このところ現場予定が混みあっています。
現場予定が忙しいと、書類がたまります。
先週行った瑕疵検査、中古住宅検査などの書類は
まだ終わっていません。
ここ2,3日で集中して作成しようと思います。
■(1)今回の事例_________
「サッシからの雨漏り」
_________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-サッシ雨漏り
 
 
◆写真解説
サイディング内へ入った雨水が、サッシ上部にたまり内部へ進入。
躯体を腐らせている。
◆内容説明
サッシまわりの下地防水不備が原因。
新築検査で、防水テープの張り方が悪い。テープをしっかり
押さえていないため、粘着が悪いケース等を見かけます。
サッシの上端は、水を受けるため、
通気層内へ雨水が入った場合、雨水がたまる。
最近、幅が広いサッシの場合、水抜きをもうける場合もあるが、
防水テープなど、下地防水をしっかりやっておくことが重要。
◆対策
外壁を張る前に、防水検査をしっかり行う。
=================
■(2)編集後記
ほとんどの大工さんは、釘を機械で打ちます。
釘打ち機は大きくて、重さもあるためか、
手元が狂いやすく、いい加減に釘が打たれていることも珍しくない。
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-釘打ち
今日検査に行った現場も、適当に構造釘が打たれていた。
現場監督が、「どのあたりがNGでした」と聞いてきたので
「ほぼ全てです」と伝えました。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影