ブログ

裁判でのいろいろな苦労

昨日の岩山健一さんのブログ。
http://ameblo.jp/jikenbo100/entry-11529055424.html
書いてあることは、まさにそのとおり。
調停委員や、紛争審査会の専門委員で
あきらかに現場知識の少ない人が存在する。
今やっている裁判でも、釘の種類もよく分かってない調停委員がいます。
建築は材料や工法がたくさんあるため、
一級建築士でも知らないことがあって当然。
ただ、彼らは資格団体などから推薦された人であり、年齢も高いので
プロ中のプロというポジションにいて、知らないとは言いにくい。
だから、年下の肩書きのない私が間違いを指摘しても、
「すいません。間違えました」とは決して言えないのです。
裁判官も誰を信用するかと言えば、私より調停委員でしょう。
このような経験から、瑕疵を説明する書類を書く際は、
素人でも分かるように書くことを、最近は心がけています。
(分かりやすくするために、専門用語をあえて使わなかったら、
専門用語も知らない無知な建築士だと、相手の弁護士に
突っ込まれたこともありました。)
住宅検査カノムの
スマートフォンサイト→こちら
 
PCサイト→こちら

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影