ブログ

事例582『壁断熱材の厚さ不足』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今日は、やや遠方の裁判の現地確認の立会い。
工具を持ていく必要があり、車で行く方が楽ですが
東名阪が集中工事中なので電車で行きます。
■(1)今回の事例_________
「壁断熱材の厚さ不足」
_________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-壁断熱材
(壁中央部、約20mmの不足)
 
◆写真解説
壁断熱材の厚さ不足。図面指示の厚さは壁厚いっぱい。
現場発泡ウレタンは中央部がへこむため、厚さ不足となる。
◆内容説明
この現場の壁の厚さは105mm。
図面が指示する断熱材の厚さも105mm。
写真のように現場施工する発砲ウレタンは、
厚さを一様に施工することが出来ません。
凹み具合から平均厚さを推定すると90~95mmになる。
断熱性能は厚さに比例するので、
これでは契約上の性能が確保されない。
◆対策
105mmの壁厚の場合、
設計は80mmくらいの厚さにしておくとよいでしょう。
=================
■(2)編集後記
日曜日の午後、階段がない足場を何度も上下しました。
上下の移動時、縦の単管につかまる際に、
腕と、背筋に負担がかかるようで、
昨日、仕事に集中できないくらい背中が痛くなりました。
運動不足が原因と反省しつつ、
急遽夕方、カイロプラクティック院へ行き、
今朝は何とか、楽になりました。
約3年前、整形外科などを何件かはしごしても
原因不明だった体の痛みがありました。
その痛みを治してくれたのがこのカイロ院。
事務所から近いので、今でも月に一回、体の調整に通っています。
大森カイロプラクティック院(名古屋市守山区)
http://www.soft-chiro.com/
体を痛めている人で、いつも結構混んでいます。
予約すれば、待ち時間なく施術してもらえます。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影