ブログ

耐震強度不足を見落とした検査機関

指定確認検査機関の日本ERIと
横浜市のマンション住人の和解が成立。
解決金は6億6500万円。
マンションは当時に比べ審査が厳密になっていますし
今後、この例から検査機関も気をつけるでしょう。
住宅の場合は、戸数が多いのでいちいち細かく見ていられない。
長期優良住宅の申請で添付する耐震等級計算は
強度不足しているにも関わらず、審査が通っていた現場がありました。
また、ひどい欠陥住宅でもほとんど「検査済証」が発行されている。
業者が倒産し、責任の持って行き場がない家があります。
このような確認検査機関を訴える事例が増えそうですね。。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影