ブログ

事例609『基礎のズレ』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今朝、羽島市IC近くの市道を走っていたら
鳩がフロントガラスにぶつかった。
高速道路の走行が多いので、1年に1回は
飛び石でフロントガラスが割れます。
鳩がどうなったか分かりませんが
今回ガラスが割れず、良かったです。
■(1)今回の事例______
「基礎のズレ」
_____________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-基礎のズレ
 
◆写真解説
土台が基礎にのっていない。基礎の位置を間違えたのが原因。
床下で目に付かないため、
ズレたまま、補強なしで放置されるケースが多い。
◆内容説明
今回の例は、今まで何度も見ています。
原因は、図面自体が間違っているか、
職人が間違えて施工したのどちらかです。
間違いが発覚しても、直していると
次の予定が狂うので、そのまま隠されてしまうケースが多い。
◆対策
床下はあとからの確認が大変。
ふさがれる前に各所チェックする。
==================
■(2)編集後記
今日検査に行った現場。
外壁下地の防水施工が、あまり見たことがない
方法で行われ、不備になっていた。
現場監督に「ミスが起きやすい施工ですね」というと
「社内基準なんです」という答えが返ってきた。
不備が出やすい、確認しにくい施工方法を
あえて社内基準としている。
おかしいと現場から声が上がらないのでしょうか。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影