ブログ

事例621『グラスウールの濡れ』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
台風27号が週末、東海地方に近づくようです。
勢力が強いということで、
今週末は現場予定がずれたり、
急ぎの依頼でも、今週末は避けられています。
おかげで11月の週末の予定が
かなり埋まってしまいました。
■(1)今回の事例_________
「グラスウールの濡れ」
_________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-GWnure
 
 
◆写真解説
グラスウールが濡れている。
雨天に躯体を組み立てたのが原因。
濡らすと乾きにくい材料、濡らさないことが重要です。
◆内容説明
梁の外部に取り付けられている断熱材。
丸穴が空いているので、内側から見えます。
プレハブメーカーの多くは雨でも躯体を組み立てる。
予定をずらすと、工場、トラック、職人など
各所に影響が大きいからです。
雨を心配するお客さんへは
「グラスウールは濡れても大丈夫」と嘘を付きます。
グラスウールはビニールで包まれていますが
ビニールの防水性は高くなく、雨に濡れれば水が入ります。
◆対策
工場で断熱材を入れてくるメーカーの場合、
雨天の躯体の組み立てを中止させる。
=====================
■(2)編集後記
パソコンメールをGmaiに転送し、
スマートフォンでも確認しています。
先週の中頃、急にメールの件数が減ったと思っていたら、
ほとんどのメールが迷惑メールに入っていました。
今もその状態が変わらないので
迷惑メールフォルダも確認しています。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影