ブログ

事例624『石膏ボードビスの不備』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
明日から3連休。
少し遠めの現場と、やや遠い現場の予定などが入っています。
道路渋滞があるといけないので
早めに出かけようと思います。
■(1)今回の事例________
「石膏ボードビスの不備」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-石膏ボードビス
 
◆写真解説
2×4耐力壁。
横張りの石膏ボードのジョイント部に受け木がなく、
ビス止めされていない。
外周をビス止めしないと、耐力確保できない。
◆内容説明
耐力壁部、石膏ボードのビス(釘)ピッチ。
外周は@100mm、内部は@200mm。
写真はペンキ仕上げのため
石膏ボードを横に張り、ジョイントの下地を入れ忘れた。
その結果、横方向の外周部のビスが打てていない。
通常は、縦張りが多い。
縦張りは下地を入れなくていいので
大工さんがうっかり忘れてしまったのでしょう。
◆対策
大工工事中にチェックする。
==================
■(2)編集後記
木造住宅の構造検査時に、断熱材が入っていたり、
外に防水紙が張られている現場が稀にあります。
これらが施工されていると、構造の重要な部分が見えない。
故意に検査妨害しているのかどうかは不明です。
瑕疵保険会社はOKでも、私は納得が行きません。
このような場合、抜き打ちでいくつか検査し、
1ヶ所でもNGがあれば、全てやり直しさせます。
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影