ブログ

事例445『基礎の膨れ』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 瑕疵調査の書類作成に追われています。
 
 欠陥が多いと、書類を書くのに時間がかかります。
 
 「相手の逃げ場を封じておこう」とか、裁判を想定し
 「裁判官や弁護士がわかるように書こう」などと、
 考えていると、時間が余計にかかります。
 
 そんなこともあり、たまに完璧に近い現場があると、
 うれしく思います。
 
 先週1件ありました。
 そこは、品質管理をきちんとしている会社です。
 
 
 
■(1)今回の事例___________
  「基礎の膨れ」
 __________________
 
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-基礎の膨れ
 
 ◆写真解説
 
 基礎の表面が膨らんでいるため、断熱材が密着しない。
 これだけ空間があれば、断熱材の意味がない。
 
 
 ◆内容説明
 
 この現場は、基礎の内側に断熱材を貼り付ける仕様。
 
 写真部分は、内部の間仕切り基礎。
 外周部へ接する1Mくらいの端だけ、断熱材を施工している。
 
 
 コンクリートを流し込む時に、型枠が外れたのか
 コンクリートの表面が膨れているため、
 断熱材が貼り付かない。
 
 
 たまに、コンクリートの打設に立会います。
 
 型枠の通りを、糸を張ってきちんと確認している職人もいれば
 何も気にせず、ただ流し込んでいる職人もいます。
 
 手をかけるほど、いい基礎はできますが、
 単価が安いなどの理由で、手を抜く職人もいます。
 
 
 ◆対策
 
 基礎の完成時や、躯体を据付るときに
 基礎全般を確認する。
  
 
====================
■(2)編集後記
 
 家が出来る前に契約する、建築請負契約において、
 「図面どおり造る」ことは重要です。
 
 
 しかし、多くの現場監督や設計者が、これを分かっていない。
 
 図面が重要だと思ってないから、
 図面をよく見る癖がなく、間違いに気づくことがない。
 
 検査で、図面と違う施工を指摘すると
 
  「何か問題ありますか」
 という返事が返ってくることが多い。
 
 
 最近も、建物の配置がズレている。
 高さが違う。基礎の幅が狭い。断熱材の種類が違う
 
 など、直すのが難しい指摘が相次いでいます。
 
 
 知らないうちに、図面や見積を無視して
 施工されているケース。
 
 これを防ぐには、相手任せではダメです。
 自分でよく確認することも大事です。
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 人気ブログランキングへ 
 
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影