ブログ

事例446『排水管、逆勾配』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 紛争になっている現場の立ち会いに行ってきました。
 
 そこは、岐阜県の山の方。
 
 雪が降る中、外で約1時間。
 結論が出ない話を聞いていて、
 
 体が冷えきってしまいました。
 
 
 
■(1)今回の事例___________
  「排水管、逆勾配」
 __________________
 
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-配管逆勾配
 
 ◆写真解説
 
 給水、給湯管(青とピンクの管)に干渉し、
 排水管の勾配が取れていない。また、固定も悪い。
 
 
 ◆内容説明
 
 内容説明は写真を見たとおりです。
 
 職人さんは、床下で見えないから
 バレないと思っているのでしょう。
 
 だから、多少不備があっても、
 そのまま放置されます。
 
 
 ◆対策
 
 当社は、基礎の完成検査で、配管も検査しています。
 
 このタイミングで検査すると
 わざわざ床下に潜らなくて済みます。
 
  
 
=====================
■(2)編集後記
 
 先日検査に行った中古住宅の現場。
 
 不動産屋さんの到着が遅れ、中に入れないため
 外から検査していた。
 
 外観を眺めていると、建物が傾いているのに気がついた。
 
 そこで、外壁をデジタル水平器で計測したら
 1Mで10mmを超える傾斜を確認。
 (軒まで約7M 約7CM、上下で傾いている)
 
 鍵をあけていただき、内部を歩くと、やはり傾斜を感じた。
 床の傾斜を測ると、1Mで10mmを超える傾斜を確認。
 
 
 当然、依頼者へ購入を断念するようにアドバイスし、
 途中で検査を終了。
 
 
 この家は、不動産業者が購入し、リフォームして売り出していた家。
 プロでしか、気づかないと思うが、
 よく見たり、歩けば、傾斜がわかるほどの建物。
 
 なぜ、職人はじめ、誰かが気がつかなかったのだろうか。
 もしかしたら、知ってて売っていたのかもしれない。
 
 
 仲介の不動産さんへ、傾斜の測定結果を教えてあげた。
 
 瑕疵物件と認識すれば、そのまま売らないでしょう。
 
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 人気ブログランキングへ
 
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る