ブログ

事例456『基礎の剥離』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
今日の検査は、自宅近くの現場からスタート。
現場へ行く前に自宅から更新します。
 
■(1)今回の事例_____
「基礎の剥離」
_____________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-レベラー剥離
 
◆写真解説
 
基礎の水平を出す「レベラー」、施工不良で基礎から剥離している。
基礎の一部分であり当然NG。
 
◆内容説明
水で練って流し込むだけで、平滑な天端仕上げができるため
ほぼ全ての現場で使用されている材料。
コンクリートとの接着性があるが、下地処理を怠り、
打ち継ぎ面が汚れていたりすると、剥離してしまう。
材料自体の強度は十分あるが、
剥離してしまうと割れやすい。
 
◆対策
 
上に躯体が載ってしまうと、補修が困難。
案外多い事例で、基礎完成時のチェックが重要です。
 
==============
■(2)編集後記
先日、完成時の検査で、大工仕事が非常に雑な現場があった。
お客さんもそのことに気づき、業者へ文句を言い
悪い箇所はきれいに直してもらった。
あとで聞いた話ですが、
そこを担当した大工さんは、業者から新規の仕事を切られた。
そのことで「腕が悪い」と断言した当社を恨んでいるようです。
工場生産と違い建築は、同じメーカーの家でも、
職人によって品質が左右される。
一流と言われるメーカーでも、下手な大工さんはいますし、
ローコストメーカーでも、上手な大工さんがいます。
いい職人に担当してもらうのは、運です。
運任せにしたくなければ現場へ足を運び、仕事をチェックするか、
業者に遠慮しない専門家に、職人の腕を評価させることが大事です。
 
住宅業界の内情を広く知っていただくため
人気ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援、お願いします!
 

人気ブログランキングへ 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影