ブログ

事例462『気密工事の不備』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
住宅関連は3月が忙しい。
3月が本決算の会社が多いのと、卒業など移動が多い時期でもある。
当社の忙しさのピークは、先週が山だったような感じで、
今週中ごろは、少し余裕がありました。
 
■(1)今回の事例________
「気密工事の不備」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-気密パッキン
 
 
◆写真解説
 
長期優良住宅。(省エネルギー対策等級4)
玄関土間に外気が入らないように、気密パッキンを施工している。
材料不足で、一部通気パッキンが使われている。
 
◆内容説明
平成21年の省エネ住宅に関する告示改正で、
定量的な基準、規定が削除されました。
そのため、公庫仕様書などでも、
気密工事について、はっきり書かれていない。
長期優良住宅、フラット35Sを利用する人が増えて、
省エネ対策等級4(最高ランク)を標準仕様にするメーカーが増えた。
しかし、気密工事の理解はいまいちで、
玄関まわりなどで、気密の施工が省略されているケースもある。
住宅金融支援機構が、「気密確保の重要性は変わらない、
的確かつ丁寧な施工をするように」と解説本で明記しています。
つまり、気密工事は必要です。
◆対策
 
長期優良住宅など、新しいものは間違いが起きやすい。
工事中の検査が大事です。
====================
■(2)編集後記
木造住宅の外壁からの雨漏り。
根本的な原因は、外壁の裏側にある防水紙の施工不備であることが多い。
雨漏り調査で、防水紙の施工不備が原因であると突き止めても、
外壁をめくって修理をすると費用がかかる。そのため、
業者は、表面だけをシールして修理が終わることがほとんど。
これでは、数年経って、シールが劣化すれば
また雨が漏る。
雨漏りの瑕疵担保保証は10年。
小手先の修理を容認してしまうと、保証が切れたあとも
また雨漏りします。
住宅業界の内情を広く知っていただくため
人気ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援、お願いします!
 

人気ブログランキングへ

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影