ブログ

事例469『床束の欠落』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
仕事疲れか、暖かいためか
最近は夜、眠くて集中が切れることが良くあります。
そんな状況の今、今週締め切りの書類がたくさんある。
全て書けるか、少し不安です。
 
■(1)今回の事例________
「床束の欠落」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-床束
 
 
◆写真解説
 
床束の欠落。原因は入忘れ。
上部では、床のたわみを感じた。
 
◆内容説明
あとから施工しようと思っていたが
入忘れ、床を塞いでしまったようです。
この例は稀なので、床がたわむ場合は
他に原因があるかもしれません。
1階の床下に人が入れれば、補修は容易です。
◆対策
普段見えない場所は、ミスがあっても気づかない。
工事中、要所でチェックすることが大事です。
====================
■(2)編集後記
お客さんが検査を入れて、業者に検査報告書を突きつけ、
大掛かりな補修を要求する例が、あとをたたない。
大手でもどこでも、正しいと信じ込んでいる設計や施工が
間違っていることは良くある。
確認や保険の検査が甘い。
法律、基準が難解である。
他を見る機会がない。
だから間違いに気づかず施工している。
「いいと思ってやっているが、
実は欠陥を造っているのかもしれない」
業者の方で、こんな不安を感じるなら、
一度だけでもいいので、
自ら検査を受けてみるべきだと思います。
個々の家を1件1件正していくよりは、
造る側=元から正したほうが、欠陥住宅は確実に減ります。
住宅業界の内情を広く知っていただくため
人気ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援、お願いします!
 

人気ブログランキングへ

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影