ブログ

事例474『配管の間隔』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
午前中、家を持ち上げる工事をしている
現場に立ち会ってきました。
家が持ち上がる。
油圧ジャッキの力はすごいですね。
■(1)今回の事例________
「配管の間隔」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-配管間隔
 
◆写真解説
 
基礎配管貫通穴の間隔が狭い。
耐力低下や矢印部にコンクリートがまわらないなどの弊害が出る。
◆内容説明
コンクリートを打設する前にセットした配管スリーブ。
間隔があいていない。
水道業者がセットしたと思われる。
基準を誰も知らないから、現場監督も気づかない。
基準は芯々で直径の3倍離す。
(日本建築学会 鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説など)
収まり上、無理な場合は監理者へ相談し、
補強などを検討する。
◆対策
コンクリートを流し込む前に
位置の確認をする。
====================
■(2)編集後記
依頼を受け、当社の方から仕事をお断りする例は年に数件。
損得勘定でなく、依頼者の人間性で判断します。
ですから、当社がお断りする方は、
業者がすでに愛想を尽かしているケースが多い。
先日も、一度お断りした方が、思うように話が進まず
再依頼してきた。
丁重に断りましたが、話だけ少し聞くと、
どんどん内容が悪化しているとのこと。
当社が出て行かなくても、本人が態度を改めれば、
話がまとまるような事例。業者も意地になっているようです。
話し合いは、どちらかが勝手なことを言っていると
まとまりません。
住宅業界の内情を広く知っていただくため
人気ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援、お願いします!

人気ブログランキングへ

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影