ブログ

フラット35仕様書

欠陥調査の指摘に対する反論が業者から来た。
簡単に紹介すると
「基準法を守っていれば、公庫仕様を守る必要はないと考えています」
裁判中なら珍しい反論ではありません。
まだ、話し合いの途中での回答。
この業者は、そこそこ名前が通った会社。
認めてしまうと大補修になるため、安易に発言したようです。
住宅金融支援機構が監修している木造住宅工事仕様書。
通称、公庫仕様書。現在ではフラット35の仕様書と
呼んだほうが通じるでしょうか。
住宅を設計・施工するために設計図面に表せない施工方法や、使用材料、
仕上げ程度などを補足するものとして大切なものと言われています。
つまり、住宅の品質を確保するために欠かせないものです。
当社の検査では当たり前に基準として活用していますし、
多くのハウスメーカーも、この基準どおり設計、施工しています。
この仕様を守らせる方法。
契約約款にフラット35仕様書の基準を遵守し施工するという項目を入れておく。
もちろん、工事途中などで施工状態を照合することも大事です。
 住宅検査カノムのサイト→こちら
 
住宅業界の内情を広く知っていただくため
人気ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援、お願いします!
 

人気ブログランキングへ

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2021/09/24
高さ制限を無視
2021/09/22
雨漏りか結露か
2021/09/17
事例1232 「柱の割れ」
2021/09/15
検査の出戻り
2021/09/12
新築検査の必要性

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影