ブログ

事例477『基礎連続貫通』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今日は朝一番で三重県南部まで行ってきました。
高速を走っていると、トラックが風であおられ
ふらふらしている状況を何度か見ました。
今月は風が強い日が多い気がします。
■(1)今回の事例________
「基礎連続貫通」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-基礎配管
 
◆写真解説
 
基礎の連続穴あけ。
ここまで連続しているケースは初めて見た。
事例474同様、集中した穴あけは耐力低下につながる。
◆内容説明
配管を通すため、基礎に穴をあけることはある。
ただし、連続してあければ、コンクリートの空洞部が多くなり
大地震時にその部分が破壊しやすくなる。
水道職人が良いと思ってやった事だと思います。
監理者などがチェックをすれば防げた事項です。
◆対策
コンクリートを打設する前に
配管スリーブの位置をチェックする。
====================
■(2)編集後記
昨日の裁判での尋問。
重要な質疑に対し、一番言いたい事を言おうとしたら、
裁判官に「YESかNOかだけ言え」と発言を制限された。
さっさと済ませたいのは分かるし、
片方に有利な発言しかしないだろうと思っているのでしょう。
しかし、YESかNOだけでは伝わらないこともある。
例えば、今日の車での移動、制限速度を守ったかと聞かれ、
・Aさんは2,3km/h時々オーバーしてしまった。
・Bさんは時々20km/hオーバーした。
YESとだけ答えれば内容は全く伝わらない。
最後に、一つだけどうしても聞いて欲しいことがあると嘆願し、
何とか発言できたので良かったですが、
言葉で伝える難しさを改めて実感しました。
住宅業界の内情を広く知っていただくため
人気ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援、お願いします!

人気ブログランキングへ

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る