ブログ

事例486『別の外壁塗厚不足』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
名古屋は台風が直撃しそうです。
すでに雨風が強く、
先ほど駅から事務所まで4分ほど歩いただけで
靴とズボンがかなり濡れました。
建物被害などが出ないことを祈ります。
■(1)今回の事例________
「別の外壁塗厚不足」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-壁薄い
 
◆写真解説
外壁塗厚不足(534と別の現場)。
モルタル塗り10mm必要なところ7.5mmの厚さしかない。
外壁防火性能違反。
◆内容説明
耐力面材とモルタル下地を兼用したボードを下地に使用。
メーカーのカタログを見ると、
モルタル厚さ10mmが防火構造の認定内容になっている。
職人へきちんと指示していないために
規定より薄く塗られたのだと思う。
塗ってしまえば、表面からは厚さがわからない。
また、規定の厚さを住人が調べることもない。
あとからバレることは、なかなかないでしょう。
◆対策
手抜きを防ぐためには、工事途中の主要部分をチェックする。
==============================
■(2)編集後記
梅雨時期から秋の台風シーズンまで
雨漏り調査の依頼が増えます。
雨漏りで一番多い原因は「手抜き」
故意ではなく、こんな程度でいいだろうと、
職人の勝手な判断で施工されたものがほとんどです。
そんな職人に責任施工だからと言って
雨漏りの補修に一人で行かせると、ほぼ50%は雨漏りが止まらない。

外装職人をきちんと教育できれば
雨漏りはかなり減ると思います。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影