ブログ

事例487『2階床の不備』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
天気予報が、ころころ変わり
現場の関係者は大変な時期です。
当社も基礎や、躯体の検査は影響を受けます。
梅雨が明けるまで仕方がないです。
■(1)今回の事例________
「2階床の不備」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-床合板抜き
 
◆写真解説
2階床、床鳴りがひどく、調査をしたら、合板施工がない事を発見。
床剛性も不足するなど構造的な影響もある。
(写真は1階天井裏から2階床断面を鏡で確認)
◆内容説明
本例は、長期優良住宅や性能評価を選択しない限り
違法ではない。
ただし、床鳴りが全般にひどい。風が強い時家が揺れるなど
合板を省略した影響が出ている。
設計者が指示したものではなく、現場の判断でこうなったようです。
材料費を浮かしたかったのでしょうか。
◆対策
稀な例ですが、現場や設計図書を確認する。
===================
■(2)編集後記
業者に全て任せることは危険です。
昨日大雨の中、木組をしている現場がありました。
朝方は雨が降ってなかったため、作業を始めたようですが、
天気予報を見れば、確実に大雨の予報。
業者に、普段雨でも工事を強行するか聞くと
「お客さんがダメだと言えば止める」とのこと。
つまり、お客さんからの申し出がない限り
木を濡らして作業する。
このような業者は、他にも多くいます。
かなり濡れたようなので、
「含水率が高い木に大きな荷重をかけてはいけない」
という建築学会の記載をもとに、乾くまで工事中止を指示しました。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影