ブログ

新規に加わった基準(フラット仕様書)

10月に発売されたフラット仕様書24年版
今回、少しですがいろいろ詳しい記載が加わっています。
当社の検査で、すでに指示していた内容がほとんどですが、
遵守することでより安全な建物になります。
少し専門的ですが、参考になると思いますので紹介します。
基礎の部分での新しい記載を、今回は2つ紹介します。
1、柱の短期許容応力に応じた座金の大きさの指定
 6.4KN以下  厚さ4.5mm 40mm×40mm
 14.4KN以下  厚さ6.0mm 60mm×60mm
 25.6KN以下  厚さ9.0mm 80mm×80mm
一番上は標準的な大きさ。
25.6KNの箇所はホールダウンボルトを埋め込むでしょうから
関係あるのは、真ん中の記載。
15KNや20KNをホールダウンではなく、L型の金物を使用する場合など関係します。
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-20KN20KNの金物 ㈱タナカ
2、ホールダウンボルトのコンクリートへの定着長さ
 今まで一律360mm以上の記載が
 25KN以下 360mm
 25KNを超え35.5KN以下 510mmとなった。
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-ホールダウン
(埋め込み深さは直線の部分、フック部は含まない)
 
 510mmになると、1回目のコンクリートを打つ前にセットしないと
埋め込みできません。図面で指示しないと間違いやすいです。
住宅検査カノムの
スマートフォンサイト→こちら
 
PCサイト→こちら

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影