ブログ

事例404『珍しい雨漏り』

こんにちは住宅検査カノム の長井です。
 
 
 事務所の1階には、大家さんが住んでいて
 常駐管理をしているので
 防犯上など非常に安心しています。
 
 その大家さんが猫を10~15匹くらい飼っている。
 
 猫は、大家さんだけには懐いていますが、
 その他の人に対しては、近寄ると逃げていく。
 だから、私やスタッフも、触ったことは1度もない。
 
 
 大家さんはそのことを知らないらしく、最近
 掲示板の近くに、「猫と遊んでください」と、
 「ねこじゃらし」を置いた。
 
 当然、使うことはないでしょう。
 
 
 
■(1)今回の事例________

  「珍しい雨漏り」
 _______________
 
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-雨漏り
  
 ◆写真解説
 
 玄関ドア枠の横下から水が出ている。
 下から出てくる水の判断は難しい。

 
 ◆内容説明
 
 よくある、上から漏れているものではなく
 下から湧いたような例。
 
 実際に現場を見て、水を掛けたりしたが
 100%原因を断定することは出来なかった。
 
 最終的な処理として、外側の玄関ポーチ側から
 水が、侵入している可能性が高く、
 疑いがある箇所を防水措置した。
 
 
 ◆対策
 
 設計や施工時、玄関の土間部分の防水について、
 通常、あまり気にしない。
 
 雨が降り込まなければいいが、
 雨が多く当たる場所では、
 土間の下地、玄関ドア下部の防水を
 考慮したほうが良い。
 
 
 
=================

■(2)編集後記

 
 今日の朝刊の小さな記事に目がとまりました。
 
 愛知県は29日、積水ハウス名古屋シャーウッド住宅支店
 一級建築士事務所を、建築士法に基づき9月1日から
 3ケ月15日間の閉鎖の監督処分とした。
 
 愛知県によると、同事務所は住宅密集地の防火地域内で、
 本来設計しなければならない耐火建築物ではない木造
 建築物を設計したとして今年5月、国から3ケ月の業務停止
 を受けた。
 
 
 この違反は、積水ハウスだけに限ったことではない。
 大手は、防火性能の内容を、傘下のような
 外壁防火関連のNPOに解釈をさせて、
 間違っていても、正しいと言う会社が多い。
 
 中小の業者では、基準を知らない会社が多い。
 
 
 防火違反は、最近の検査で、かなりの確率で指摘をする。
 
 見せしめに、最大手の積水を処分したにしては
 記事が小さく、TVニュースにもなってない。
 
 
 もう少し、大きく報道されると、
 防火関連の工事がきちんとすると思う。
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
  人気ブログランキングへ
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
  http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2021/09/24
高さ制限を無視
2021/09/22
雨漏りか結露か
2021/09/17
事例1232 「柱の割れ」
2021/09/15
検査の出戻り
2021/09/12
新築検査の必要性

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影