ブログ

事例264(梁接合ボルト未施工)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 GWが始まり、移動が大変です。
 
 
 昨日午前中、東京から帰る新幹線は満員。
 今朝、現場へ向かう高速道路も渋滞。
 
 
 
 当社の休みは2日から5日です。
 
 
 ただ、2日だけは書類を片付けに
 私だけは出社するかもしれません。
 
 
 連休が取れるのは正月、お盆とGWだけ
 有意義に過したいです。
 
 
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「梁接合ボルト未施工」
 ________________________
 
 264
 
 

 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します。
 
 梁端部、接合ボルト未施工。
 施工忘れが原因。
 
 指摘をしなければ
 そのままだった可能性がある。

 
 ◆内容説明
 
 梁の仕口を緊決する金物がない。
 
 大地震がくれば
 この部分が破壊する可能性あり。
 
 
 躯体組み立て時は
 複数の大工さんで作業するため
 
 責任範囲があいまいになりやすい。
 
 
 他の大工さんに期待すると
 このように忘れる箇所が出るケースがある。
 
 
 
 ◆対策
 
 一部の会社では
 金物類を全数検査しています。
 
 
 やはり、この方法が一番よいでしょう。
 
 
 
==========================

■(2)編集後記

 
 今朝、コンクリート打設に
 立ち会ってきました。
 
 そこで、気づいたことがあります。
 
 
 それは、
  「伝票と車の数が合わない」
 
 1台1伝票なのに伝票の数が1枚多い。
 
 
 理由は、
 明日から連休のため
 今日、生コン屋さんは大忙し。
 
 そのため、車が足らなく
 過積載していたんです。
 
 
 本来は車4台、必要な数量を
 3台で運んだわけです。

人気ブログランキング

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影