ブログ

事例263(金物ビス長さが短い)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 昨日、現場から事務所へ帰る途中
 銀行と市役所へ行ったら
 
 両方とも大行列。
 
 
 待ち時間がもったいないと思う私は
 あきらめました。
 
 
 しかし、また行く時間を考えると
 済ましておいたほうが、
 よかったと思います。
 
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「金物ビス長さが短い」
 ________________________
 
 263
 
 
 

 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 ビスの長さが短い。
 柱と土台、梁を緊結する金物。
 
 合板上から取り付ける場合、
 合板の厚さ分長いビスを使う。
 
 見分け方として、ビス頭の色で判断。

 
 ◆内容説明
 
 マニアックな例の紹介。
 
 地震時に柱が抜けないように
 柱の上下端に取り付ける金物。
 
 計算などにより、金物の種類を決め
 規定の金物を取り付ける。
 
 
 これが結構、やっかいで
 間違いがよく起きる。
 
 
 本例のように、直接土台、梁ではなく
 床合板の上から取り付ける場合、
 合板の厚み分(24とか28mm)
 長いビスを使わないといけません。
 
 
 ビスの長さは、頭の色で見分けます。
 
 柱側と同じ色なら
 合板用の長いビスは使われていません。
 
 
 
 ◆対策
 
 これらの金物の間違いは本当に多いです。
 
 業界の人からしたら
  「たいしたことない」
    ことかもしれませんが、
 
 基準である以上、守るべきことです。
 
 
 このような細かいことになると
 瑕疵保証の検査などでは見ないでしょう。
 
 
 監督、職人の金物に関する知識と
 細部までチェックする検査が必要です。
 
 
 
==========================

■(2)編集後記

 
 検査依頼をしてくれたお客さんから
 時々「敷金問題」の相談を受けます。
 
 
 敷金問題とは
  アパートを出るときに、補修費などで
  納得がいかない請求をされること。
  
  
 
 先週、この問題を解決している
  「NPO日本住宅性能検査協会」を知りました。
   
  http://www.nichijuken.org/
 
 
 私は、NPOという名前を普段、信用していません。
 一部には、おかしな組織もあるからです。
 
 
 今回、このNPOの理事長さん、調査委員の方に会い
 信頼できる組織であることを確かめることができました。
 
 
 アパートの退去時、敷金返還で納得できない場合、
 こちらの組織へ連絡してください。
 
 
 プロに任せることで問題がすんなり解決することが
 多いそうです。
 
 
 もっと、早く知って
 今までのお客さんにも教えてあげたかったです。

人気ブログランキング
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影