ブログ

事例257(基礎のずれ)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日も午前中は事務所。
 最近は、検査より、書類作成が忙しい。
 
 明日くらいまでに「きり」つけたいです。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「基礎のずれ」
 ________________________
 
 257
 

 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 基礎の間違い。
 
 本来は矢印の位置にあるのが正解。
 
 外周部の壁下に基礎がなく
 大地震時にこの部分から倒壊する
 可能性がある。
 

 
 ◆内容説明
 
 
 基礎の位置を間違い、
 やり変えずに
 そのまま木躯体を載せてしまった。
 
 
 
 一般では考えられないことが起きている。
 
  それが「住宅の現場」
  
 
 なぜ、間違ったものが、そのままなのか?
 なぜ、きちんと造れないのか?
 
 
 他業種の方はきっと思うでしょう。
 
 
 私はこういうものを見ても
 
  驚かなくなりました。
 
 
 
 
 ◆対策
 
 全て、任せきりはダメです。
 
 工事中の現場へ行けば
  隠される前に気づくこともあります。
 
 
 
 
 
==========================

■(2)編集後記

 
 国土交通省から手紙が来た。
 
 中身は「一級建築士の定期講習」の案内。
 
 
 これは、マンション偽装事件以降に
 建築士法が改正されて義務付けられたものです。
 
 
 私がおかしいと思うことがあります。
  それは全ての一級建築士が対象でないこと。
  
 
 対象は「設計事務所に所属する建築士」だけ。
 
 
 つまり、資格を持っていても
 大手ハウスメーカーの現場監督や開発部署にいるなどの
 一級建築士は関係ありません。
 
 
 設計者だけ締め付ければトラブルが減ると
 国は思っているのでしょうか?
 
 
 どれだけきちんとした図面があっても
 
  建築士の監理がないまま、
 「基準を知らない職人と現場管理者」の
 組み合わせで家が造られることが
 
  欠陥住宅を造る可能性を高めている。
  
 
 このような現状を変えないと、
  欠陥住宅はこれからもなくならない。
 
 
 そんなこと言っていても
 講習を申し込みしないといけません。 

 受けないと懲戒処分になります。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影