ブログ

事例256(たるきつなぎ、付け忘れ)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日は久しぶりに1日、事務所に居ます。
 
 今日のノルマとして
  裁判の意見書作成と、もう一つ、
  文章作成の仕事があり
 
  とっても息が詰りそうです。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「たるきつなぎ、付け忘れ」
 ________________________
 
 256  

 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します。
 
 1ヶ所おきに施工される計画の
 屋根部の「たるきつなぎ」。
 
 1ヶ所施工忘れ。

 
 ◆内容説明
 
 2×4の屋根部分を構成する構造材の
  「たるきつなぎ」
 
 設計で指示した箇所に
 1ヶ所未施工あり。
 
 
 施工時の忘れによるもの。
 
 軽微なことですが、
 案外、社内検査などで気が付かないものです。
 
 
 
 ◆対策
 
 釘打ちなど含め、
 
 全数検査をする気がないと
 見落とします。
 
 
 
==========================

■(2)編集後記

 
 今週、感動したことを紹介します。
 
 
 地下に浸透した雨水が基礎内へ入ってくる家に
 昨年から関わっていました。
 
 実は、地形によっては「よくある事例」です。
 
 特殊なのはこの家、
 水が基礎上に2CMも溜まれば
 土台の木が濡れてしまうこと。
 
 
 修理、補修を続けてきましたが
 最終的に施工業者の社長が下した決断は
 
  「建替え」
 
 
 昨年、別件で、
 構造欠陥の家の建替えを決断していただいた
 業者さんがみえましたが、
 
 金銭的なことはもちろん
 なかなか決断できることではありません。
 
 
 今回の瑕疵は「予見」できなかっただけで
  悪意などは全くなし。
 
 裁判になっても「建替え」まではない
  と思うケース。
 
 
 この会社、実名を出して
 すばらしい対応と紹介したいところですが
 事例が事例なだけに伏せておきます。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影