ブログ

事例304(耐力壁のビス)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 夕方、打ち合わせに出かけるまで
 今日は事務所で書類作成。
 
 
 午前中、欠陥住宅に関する
 相談電話が3件ありました。
 
 その時に思ったことを編集後記に記載しています。
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「耐力壁のビス」
 ________________________
 
 304

  
 

 ◆写真解説
 
 2×4耐力壁部の石膏ボード、
 下端のビス打ちなし。
 
 この部分も@100mmでビスが打ちが必要。
 (写真はユニットバス部)告示1541号
 
 
 ◆内容説明
 
 ユニットバスが設置される前に
 石膏ボードを検査して発見。
 
 
 耐力壁の石膏ボードのビスピッチは
 外周を@100mm、中間部を@200mmで
 施工しなければならない。
 
 今回のような不備があれば
 耐力壁として、所定の壁倍率(1.0)は確保できない。
 
 
 つまり、設計より耐震、耐風性が弱くなる。
 
 
 内部の壁石膏ボードを耐力壁(準耐力壁)とするのは
 通常、2×4と性能表示制度を使った木造住宅くらい
 
 大工さんが2×4の施工を理解していないと
 ビス打ちの間隔を間違う。

 
 
 ◆対策
 
 2×4のハウスメーカーは
 過去に検査会社などから今回の件を指摘をされ
 補修で大変な目にあっているようで、
 
 現在は社内検査を厳しくおこなっているようです。
 
 
 重要な部分だけに、ビス検査は大切です。

 
 
==========================

■(2)編集後記
 
 
 資格や肩書きを過信してはいけない。
 
  これは建築士に限らず何でもいえる事。
  
 
 誰でも専門があり、それ以外の知識は薄いはず。
 
 
 当然、私もオールマイティーな建築士ではない。
 
 相談においても、自分の専門範囲を決めて、
 個人的に面識がある人をのぞき、
 専門分野以外の相談には答えません。
 
 
 ・ビル、住宅、店舗、リフォーム何でもできるという
  「百貨店的な建築士」と
 
 ・木造住宅だけに特化した「専門店的な建築士」
 
 木造住宅の設計を依頼するとき、
 あなたはどちらがいいですか?
 
 
 
 専門外へ依頼し失敗した例を紹介します。
 
 
 住宅で問題が起きたら
 相談先として、建築士事務所協会などを
 すすめる人がいる。
 
 今日もそういうところへ相談し
 紹介してもらった建築士で解決せず、
 
 当社へ電話してきた人がいた。
 
 建築士なら誰でもいい訳ではない。
 相談先を間違えて、時間、お金のムダになってはいけない。
 
 
 
 豊富な専門知識を持つ建築士の「調停委員」だって
 実情は「岩山健一」さんのブログ↓のとおり
 
  http://ameblo.jp/jikenbo100/entry-10645614241.html 

 
 また、岩山さんのブログには
 依頼した建築士の判断ミスのことについても書かれている。
 
 
 資格を過信すると、このような被害にあう。
 
 
 情報化社会の今、限られた知識なら
 勉強していない資格者より素人の方が詳しいこともある。
 
 例えば、最近なら、断熱、気密、換気等はそう感じる。
 
 
 
 人の不幸話が好きなだけで紛争にかかわる人もいます。
 
 専門家の中身を見極める事が大切です。
 
 
 
 
 
 このブログはまぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ポチっと応援、お願いします!

 人気ブログランキング
 
 
 
  長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る