ブログ

事例319(金物の種類が違う)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日は、4件検査予定が入っています。
 
 そのうち3件は、ネットの掲示板などに
 悪いことが書かれている会社。
 
 書いてある内容どおりの会社もあれば、
 記載は過去のもので、今はきちんとしている会社。
 
 全ての書き込みが正しいわけではありません。
 
 
 情報の新鮮さ、正確さは大事ですね。
 
 個別に相談に来た人へは、実情を教えています。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「金物の種類が違う」
 ________________________
 
 319

 

 

 

 ◆写真解説
 
 ホールダウン金物、
 20KNが必要な箇所に15KNが付いている。
 
 これでは20KNの引抜に耐えられない。

 
 ◆内容説明
 
 現在、木造の構造金物の種類は多い。
 
 それだけに間違って取り付けられる、可能性が高い。
 
 先週も、タマホームの現場で間違いを発見。
 
 これは、よく見ないと、わからないから
 大工さんや施主さんが、気づくことは困難です。
 
 また、材料の納入時に、間違えないことも大事。
 
 
 私は検査のとき、金物に記載してある文字を読んだり、
 金物メーカーのカタログを参照してます。
 
 お薦めのカタログ↓
 http://www.amhard.co.jp/members/upload/digital_catalog/pageview.html
 
 このカタログの製本版 請求先↓
 http://www.amhard.co.jp/
 
 
 ◆対策
 
 木造の構造金物は、法改正後10年経過。
 
 ようやく、広く認識され、
 あとは間違いなく付けることが、課題だと思います。
 
 まともに見ない、業者手配の第三者検査に頼らず、
 細かな検査を、実施することが大事です。
 
 
 
==========================

■(2)編集後記
 
 
 最近、分譲地へ行くことが多い。
 
 なんとなく隣の現場へ目をやると
 欠陥箇所が目に入ってくる。
 
 
 もちろん、場内には入らないため
 基礎や外部の欠陥がほとんど。
 
 最近では、アンカーボルトの不足や
 コンクリートの瑕疵などを発見。
 今週は、重大な欠陥も目にしている。
 
 
 瑕疵保証検査、社内検査だけでは
 欠陥住宅を防ぐことができないことが、
 わかりますね。
 
 
 戸建て住宅の欠陥割合は60%。
 細かなものまで入れると90%が欠陥です。
 
 と言いましても、
 これは、次に大都市部に大地震が起きない限り
 騒がれることはないでしょう。
 
 
 これでも、
 日本製の車やTVを買うような意識で
 家を買いますか?
 
 
 きちんと品質管理ができているのは
 大手ハウスメーカーでも一部だけです。
 
 
 当社には毎年、平均して25件ほど
 裁判に発展するような
 大きなトラブルの相談があります。
 
 購入後の解決は容易ではありません。
 
 
 家は一生のうちで一番高価な買い物だけに、
 もう少し慎重に、購して欲しいですね。
 
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ポチっと応援、お願いします!

 人気ブログランキングへ
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影