ブログ

事例282(筋交い金物の種類が違う)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 来週、忙しさが一段落しそうです。
 
 昨年も6月は忙しかった。
 集中しやすい月なんでしょうか。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「筋交い金物の種類が違う」
 ________________________
 
 282

  
 
 ◆写真解説
 
 筋交いを固定する金物の種類が違う。
 この金物は柱と梁、土台を固定するもの。

 
 ◆内容説明
 
 これらの金物は告示で
 種類などが定められていています。
 
 告示どおりの金物以外に、
 
 複数のメーカーが認定を受けた金物を
 何種類も発売しているため
 
 数が多すぎて、
 混乱する大工さんもいるようです。
 

 
 
 ◆対策
 
 大工さんへ全て任せず
 
 検査や監理などチェック機能が必要です。
 
 
 
==========================

■(2)編集後記

 
 今週、リフォームトラブルの現場を見てきました。
 
 トラブルの内容は
 
  ・廊下幅が20CMしかない図面で契約、
   こんな廊下はありえないため、勝手に変更し
   洗濯スペースがなくなった。
   
  ・介護リフォームの条件に合わない
   入口に段差があるお風呂。
  
  ・車いすが通らない新規に設けた室内戸。 
  
  など、目的に沿わない工事。
  
  
  洗濯機が置けない。
  車椅子が通らない。
 
 どうしてこうなるのか信じられない話。
  
 
 施主は80歳代、細かなチェックは無理で
 営業を信用して依頼した。
 
 
 営業がどんな人か知らないが、
 
  きっと経験が浅く、
  営業ノルマのためにだけに
  働いているんだろうと思います。
 
 
 これから弁護士と連携し処理していきますが、
 
 東邦ガスサービスショップの看板で
 お年寄りを信用させ
 結果として騙した絶対に許せない手口。
 
 
 リフォームトラブルは増えていて、
 大手ハウスメーカーでもひどいことをしている。
 
 対象がお年寄りになりやすいので
 国が何らかの対策を講じるべきだと思う。
 
 しかし、国が何とかするわけないので
 私が所属している社団法人などで実名公開などの
 情報発信や対策を考えていきます。
 
 (上記の社団法人のHPはまもなくUPします)
 
 
 
 このブログはまぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ポチっと応援、お願いします!

 人気ブログランキング

 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影