ブログ

事例281(構造釘の不備)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日のサッカーの試合、
 見てる場合じゃないくらい仕事が溜まっています。
 
 テレビをつけながら仕事する方法もありますが
 事務所にテレビ、ワンセグがない。
 
 自宅で仕事しようか迷っています。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「構造釘の不備」
 ________________________
 
 281

 

 
 
 ◆写真解説
 
 受け材が薄く、耐力面材を留める釘の先が出ている。
 
 強度を出すために釘は指定の長さが必要で、
 これでは弱くなることは確実。

 
 ◆内容説明
 
 通常、これら耐力面材は柱に打ち付ける。
 
 今回の例は建物角の通柱のサイズが大きく
 外面が通ってないために
 出隅の箇所だけ受け桟を打ってとめている。
 
 
 耐力面材の釘の種類は当然決めれている。
 
 今回の例、先が出ている分の
 約2CM釘が短いのと同じ。
 
 
 釘の役割を考えたら
 間違いであることがわかるはずですが。
 
 
 
 ◆対策
 
 明らかな構造欠陥にもかかわらず、
 
 当社より先に検査した
  「確認申請の検査」、「瑕疵保証の検査」では
  
 指摘を受けなかった。
 
 
 きちんとした検査を機能させないと
 このような間違いは見落とされる。
 
 
 
==========================

■(2)編集後記

 
 都市部では宅地だけを買うことが難しい。
 
 
 その理由は、不動産業者が宅地を買い、
 分譲住宅として売るか、建築条件をつけるからです。
 
 
 人気のある地域では、
 お客はいくらでもいるという感覚からか
 細かな希望を言う、手のかかりそうなお客を排除する
 強気な業者もいる。
 
 
 儲けることだけが目的の業者かどうか見極めないと、
 
 土地が気に入っても、家で後悔することになる。
 
 
 トータルに考えて購入判断することが大事です。
 
 
 
 
 このブログはまぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ポチっと応援、お願いします!

 人気ブログランキング

 
  長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影