ブログ

事例280(屋根裏の通気ふさぎ)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今週は昼も夜も予定がびっしり。
 
 日本、デンマーク戦を見ることを
 早くからあきらめました。
 
 
 朝のテレビで結果を知りましたが
 ライブで見たら興奮したでしょうね。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「屋根裏の通気ふさぎ」
 ________________________
 
 280

 

 
 
 ◆写真解説
 
 屋根裏換気の外気侵入口が
 断熱材でふさがれている。
 
 換気が不十分となり
 空気がこもってしまう。

 
 ◆内容説明
 
 屋根裏の換気が悪いと
 
 夏場はより高温多湿になる。
 冬場は室内から上がってきた空気がこもる。
 (気密住宅でない場合)
 
 
 中古住宅の検査で、
 
 屋根裏の換気が悪く、
 雨漏りが原因できのこが生えている現場を
 見たことがあります。
 
 
 設計で換気を計画しても
 量が不十分であったり、
 写真のように換気を塞いでいてはダメです。
 
 
 軒先近くの断熱材の収まりに注意が必要です。
 
 
 
 ◆対策
 
 石膏ボードを張ってしまうと
 断熱材は見えなくなります。
 
 断熱材の検査は、必ず行いましょう。
 
 
 
==========================

■(2)編集後記

 
 一昨日行った現場。
 
  隠蔽を発見。
  
 
 今日、検査に行った現場。
 
  赤外線サーモグラフィー撮影した結果、
  天井や壁の断熱材が数ヶ所入っていないことを発見。
 
 
 大工さんが仕事の完成しか求めていない典型的な例です。
 
 
 
 職人の心意気は
 
  昨日より、今日さらにいいものをつくろうとする。
  
 
 そうであって欲しいのですが、
 
 画一化された住宅、低単価の現場ばかりやっていると
 その心意気はなくなってしまうんでしょう。
 
 
 今後、ますます住宅の仕事が減る状況で、
 
 いい心意気の職人さんはどこでも重宝されるはずです。
 
 
 
 このブログはまぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ポチっと応援、お願いします!

 人気ブログランキング
 
 
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影