ブログ

事例279(基礎が斜め)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 雨の影響で現場の予定がズレやすい季節。
 
 何とか最近は予定どうりに
 スケジュールがこなせてホッとしています。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「基礎が斜め」
 ________________________
 
 279

   
 
 ◆写真解説 
 
 土台と基礎が斜めにズレている。
 基礎を間違えて施工した。

 
 ◆内容説明
 
 施工ミスにより基礎を直角ではなく
 斜めに造ってしまった。
 
 その上へ無理に木躯体を載せたため
 ズレが生じている。
 
 
 施工上の許容範囲はあるが
 完全に許容を超えたズレ。
 
 躯体を載せる前に
 補修すべきであった。
 
 
 
 ◆対策
 
 職人さんのうっかりミスから起きた例と思います。
 
 
 直角の確認は重要。
 
 配筋検査のときにチェックする。
 
 
 
==========================

■(2)編集後記

 「風で家が揺れる」物件の検査に行った。
 
  「そんな家あるの?」と言われそうですが
 
  私が関わっただけで10件はあります。
 
 
 業者から手配した検査会社の書類を見たら
 構造的に問題はないと結論つけていた。
 
 お金を払うほうに有利なことを書くことは
 当たり前ですからこれは仕方ないとして、
 
 私が検査した結果は
 ・施工不備があり壁量が基準法を下回る。
 ・法的にはOKですが、
  プロなら注意すべき構造設計ミスが2点あった。
  
 
 木造2階建て住宅は、構造に詳しい建築士が
 関与しないケースがほとんど。
 
 
 一昨日検査した2×4住宅も
 設計者、施工者が構造基準を理解していないのが
 はっきりわかる、図面と現場。
 
 
 数で言えば圧倒的に多い2階建て住宅ですが
 確認申請で構造審査がないなど
 構造面は軽視されています。
 
 
 いい加減な設計の物件をつかまないためには
 注意が必要です。
 
 
 
 
 このブログはまぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ポチっと応援、お願いします!

 人気ブログランキング

 
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る