ブログ

事例269(サイコロのめり込み)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 日、月と風邪をひいてしまい、
 今日、ようやく体調が戻りました。
 
 
 病院で出してくれた薬を飲むと
 体温が上がり、体が汗ばみます。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「サイコロのめり込み」
 ________________________
 
 269
 
 

 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 かぶりを確保するためのサイコロ。
 地盤が緩く、めり込み、
 役割を果たしていない。
 
 雨のあとなどに起きやすい現象。

 
 ◆内容説明
 
 基礎の鉄筋の下、
 地面まで6CMのコンクリート厚(かぶり)を
 確保するためにかってある「サイコロ」。
 
 (別名 スペーサー)
 
 
 雨が降ったあと、
 人が乗って沈んでしまった。
 
 
 コンクリート打設時に
 確実に人が乗るので
 
 それに耐えないと意味がない。
 
 
 
 ◆対策
 
 このような現象になった場合
 位置を変えるなどの
 かい直しが必要。
 
 コンクリート打設は
 直前の状況確認も重要であり
 
 できれば管理者の立会いが好ましい。
 
 
 
==========================

■(2)編集後記

 先週、不動産屋さんと現場で討論になりました。
 
 どんな討論かというと
 住宅の品質に関すること。
 
 
 私は言いくるめられないように
 反論していくと、
 
 最後には「安いから仕方がない」と
 開き直った。
 
 
 前から思っていましたが、
 
 この業界の団塊世代から上の方の
 多くは固定概念が強く、
 
 時代の変化(顧客心理の変化)
 に対応できていない。
 
 大量生産、大量消費の時代を
 長く経験したためでしょうか。
 
 
 職人を見ていても
 若い人ほど、細かなところの気遣いが
 出来ていたりします。
 
 
 ベテランの存在も大事ですが
 時代の変化に敏感にならないと
 
 顧客からは要らない存在になります。
 
 
 
 昔ながらの古い体質の会社へ依頼をすると、
 細かなことに案外ルーズです。
 
 気を付けましょう。

 
 
 
 このブログはまぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ポチっと応援、お願いします!

 人気ブログランキング
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る